for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドのコロナワクチン輸出、第3四半期の再開を期待=GAVI

[ニューデリー 7日 ロイター] - 途上国のワクチン普及を支援する国際組織「GAVIワクチンアライアンス」は7日、インドが英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの輸出を第3・四半期に再開することを期待していると述べた。

GAVIはワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み「COVAX」を共同運営している。

ワクチンはインドの製薬大手セラム・インスティチュート・オブ・インディア(SII)が製造している。

インドは4月、新型コロナウイルス感染症の急拡大に伴い、国内の需要を満たすため海外への輸出を停止。COVAXは大きな打撃を受けた。

現在、インドのコロナ危機は落ち着き、SIIによるアストラゼネカのワクチン生産量は急増しているものの、国内需要も増加している。

GAVIの広報担当者は「第3・四半期にSIIの輸出が再開されることを期待している。しかし、現段階では確証が得られていない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up