for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア、新たなコロナ感染者と死者が過去最多 デルタ猛威

7月7日、インドネシアでは、新型コロナウイルスの新たな感染者が3万4379人、死者が1040人確認された。いずれも1日としては過去最多。写真は中部ジャワ州ソロで6日撮影。提供写真(2021年 ロイター/Antara Foto/Mohammad Ayudha)

[ジャカルタ 7日 ロイター] - インドネシアでは7日、新型コロナウイルスの新たな感染者が3万4379人、死者が1040人確認された。いずれも1日としては過去最多。政府は同日、各地方当局にコロナ対策を厳格に実行するよう求めた。

累計の感染者は237万9297人、死者は6万2908人となった。

インドネシアはインドで最初に確認された感染力の強い変異株「デルタ株」の急速な拡大に見舞われており、ジャワ島とバリ州ではこれまでで最も厳しい措置を発動している。

また、西パプア州や西スマトラ州といった他地域でも感染が拡大しており、各地方のトップはオフィスやモールの稼働率を25%にとどめることや、レストランとモールの午後5時閉店といった制限措置の実行を求められている。

感染拡大でインドネシアの脆弱な医療システムへの懸念が強まる中、オーストラリアは7日、インドネシアに対してシリンダーや濃縮器といった酸素関連機器、抗原検査キット、アストラゼネカ製ワクチン250万回分を提供すると表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up