for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア、オミクロン株の市中感染を初確認

インドネシア保健省は28日、新型コロナウイルスのオミクロン株の市中感染が初めて確認され、追跡調査を進めていると発表した。資料写真、ドライブスルー方式での検査の様子、ジャカルタで16日撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

[ジャカルタ 28日 ロイター] - インドネシア保健省は28日、新型コロナウイルスのオミクロン株の市中感染が初めて確認され、追跡調査を進めていると発表した。

感染したのはメダン市出身の37歳の男性で、今月ジャカルタ中心部のビジネス街にあるレストランを訪れた。

海外への渡航歴はなく、海外からの渡航者との接触もない。症状は出ておらず、ジャカルタの病院で隔離されている。

同国で確認されたオミクロン株の感染者は47人。大半が海外からの渡航者となっている。

インドネシアではデルタ株の流行で7月に感染がピークに達したが、その後は大幅に感染が減少している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up