July 17, 2020 / 1:47 AM / a month ago

保険各社、倉庫物件への投資拡大を検討=GSAM幹部

[16日 ロイター] - ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)(GS.N)の幹部によると、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が拡大する中、保険各社はオフィススペース用物件の投資を縮小し、代わりに倉庫物件への投資を増やすことを考えている。

GSAMで保険会社のポートフォリオ運用を担当する部門の幹部が16日、保険会社の投資に関する年次調査の結果を説明する際に明らかにした。

新型コロナの影響でネット販売が拡大し、実店舗で買い物をする人が減少する中、各社は小売り店舗物件への投資縮小も検討しているという。

GSAMの幹部は、ここ数年の商業不動産トレンドは新型コロナの影響で加速しているが、各社がモーゲージなどの問題のある資産を処分して他の物件に資金をシフトさせるのは容易ではないと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below