for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アイルランド専門家チーム、全土の再封鎖を政府に提言=政府筋

アイルランドの国家公衆衛生緊急対策チームは4日、政府に対し4週間にわたる2回目の全土ロックダウン(封鎖)を提言した。2人の政府筋が明らかにしたもので、予想外の動き。5日に閣議で協議するという。写真は閉店中のパブの前を歩くマスク姿の男性。1日にダブリンで撮影。(2020年 ロイター/Clodagh Kilcoyne/File Photo )

[ダブリン 4日 ロイター] - アイルランドの国家公衆衛生緊急対策チームは4日、政府に対し4週間にわたる2回目の全土ロックダウン(封鎖)を提言した。2人の政府筋が明らかにしたもので、予想外の動き。5日に閣議で協議するという。

同チームは、国内26県中24県について、新型コロナ警戒レベルを現在の2から最高の5に引き上げるよう勧告。ダブリンとドニゴールについてはレベル3に引き上げることを勧告した。

政府はこれまで、同チームの助言をほぼ全面的に採用しているが、政府筋の1人は、再封鎖は経済と社会に深刻な影響をもたらすだろうと述べた。

マーティン首相と連立相手2党の党首は5日、閣議に先立ち、同国の最高医療責任者から説明を受ける。

警戒レベル5では、自宅から5キロ圏内で運動する以外は自宅滞在が求められ、必要業種のみが営業を許可される。ただ前回と異なり、学校と保育施設は閉鎖を強制されないという。

提言に対する保健省報道官のコメントは得られていない。

アイルランドは欧州でも特に厳しい封鎖を行ったが、段階的な解除に入って以後、7月末以来感染が増加している。3日には、1日当たりとしては4月末以来最多の感染者数が確認された。

ただ、欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、過去14日間の累計は10万人当たり104.6人で、調査対象31カ国中14位の多さにとどまっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up