for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー製ワクチン、接種後に心筋炎 イスラエルが関連性指摘

[エルサレム 1日 ロイター] - イスラエル保健省は1日、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン接種後、若い男性を中心に心筋炎を発症したとの報告があったことを受け、ワクチンとの因果関係がある可能性が高いとの調査結果を公表した。

調査によると、2020年12月から21年5月の間にワクチンを接種をした約500万人のうち、275人に心筋炎が発症した。ほとんどの人が約4日程度の入院ですみ、95%は症状が軽度だったという。

「16歳から30歳までの男性において、(ファイザー社製)ワクチンの2回目の接種を受けたことと、心筋炎発症との間に関連性がある可能性があること」が分かったとし、他の年齢層よりも、16歳から19歳の男性で特にそうした関連性がみられたとしている。

ファイザーは、通常予想されるよりも高い値の心筋炎の発症率は確認されていないとしてる。現時点でコメント要請に対する回答は得られていない。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up