July 28, 2020 / 3:49 AM / 15 days ago

伊テノール歌手ボチェッリ氏、ロックダウン「屈辱的」と政府批判

 イタリアのテノール歌手のアンドレア・ボチェッリ氏(61)(写真)は7月27日、新型コロナウイルスへのイタリア政府の対応を批判した。写真はミラノのドゥオモでのリハーサル風景。4月撮影(2020年 ロイター/Alex Fraser)

[ローマ 27日 ロイター] - イタリアのテノール歌手のアンドレア・ボチェッリ氏(61)は27日、新型コロナウイルスへのイタリア政府の対応を批判した。伊政府が導入したロックダウンについて「屈辱的」と述べたほか、現在実施されているマスク着用などの感染防止策に従わないよう人々に呼び掛けた。

同国上院で開催された会合で発言した。ボチェッリ氏は、ロックダウン中のイースターサンデーにミラノの大聖堂で歌を披露。国民の結束の象徴と称賛されていただけに、今回の政府批判は意外感をもって受け止められている。

ボチェッリ氏はロックダウンについて「屈辱的で、感情を傷つけられた。犯罪を犯してもいないのに、家を出ることができなかった」と述べた。

イタリアは3月上旬に全土でロックダウンを導入。その後、段階的に緩和されている。

ボチェッリ氏は、ロックダウンに違反したこともあると告白。「私の年齢で家にこもるのは正しいことではないし、健全でもないと思った」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below