May 25, 2020 / 11:53 PM / 2 months ago

イタリア連立政権、コロナ対策のボランティア募集巡り対立

5月25日、イタリアの連立政権がソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の実行を支援するボランティアの募集を巡って対立している。ナポリで21日撮影(2020年 ロイター/Ciro De Luca)

[ローマ 25日 ロイター] - イタリアの連立政権がソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の実行を支援するボランティアの募集を巡って対立している。

連立政権の一角を占める民主党のボッチャ地域問題担当相は、新型コロナウイルス対策として導入したロックダウン(都市封鎖)の緩和に伴う感染第2波への懸念から、ソーシャル・ディスタンシングの実行を支援するボランティア6万人を募集すると表明した。

これに対し、連立相手の五つ星運動は、事前の相談がなかったと批判。ボランティアの募集に強く反対する方針を示している。

連立政権では様々な問題で意見の対立が相次いでいる。

コロナ対策を管轄する内務省も、事前の相談がなかったと主張。中道派の小政党「イタリア・ビバ」も「狂っている」として計画を直ちに中止すべきだと批判している。

上院のトップも地元ラジオに「保安官の市民」はいらないと発言した。

イタリアは3月上旬に導入した全土のロックダウンを一部緩和。地域内の旅行や友人と会うことが許可された。バーについても2メートルの距離を保つことを条件に酒類の提供が認められた。

地元テレビによると、緩和後初の週末にはナポリで交通渋滞が発生。ミラノでも多くの人が集まった。ベネト州は集中治療室の患者を映した動画を公表し、衛生ルールを守るよう訴えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below