for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア、2日にもコロナ感染抑制で規制強化承認へ=保健相

イタリアのスペランツァ保健相は1日、新型コロナウイルス感染の最新データは「恐ろしい」内容だとし、2日後に感染拡大抑制のための規制強化を承認すると述べた。写真は、11月1日にトリノで開かれた政府のコロナ対策強化に抗議する集会に集まった人々。(2020年 ロイター/ Massimo Pinca)

[ローマ 1日 ロイター] - イタリアのスペランツァ保健相は1日、新型コロナウイルス感染の最新データは「恐ろしい」内容だとし、2日後に感染拡大抑制のための規制強化を承認すると述べた。

10月31日に確認された感染者は約3万2000人で、危機発生以来最多となった。

この日の死者は300人弱、累計は3万8618人。

コリエラ・デラ・セラ紙は、スペランツァ保健相の発言として「48時間で規制強化の承認を模索する」と伝えた。

同相は、今回のロックダウン(都市封鎖)は3月ほど大規模ではないとしながらも、感染者抑制の唯一の方法だと説明。ただ、学校の運営や公共輸送機関の状況改善の方法は依然不透明とした。

政府は先週、バーや飲食店を午後6時閉店としたほか、ジムや映画館、劇場を閉鎖するなど経済活動を制限した。また、感染の発端となったロンバルディア州を含む多くの都市や地域が、夜間外出禁止令を発令している。

政府は1日、自治体や野党の代表らと協議を行なっており、地域間の感染率の高い地域でのロックダウン(都市封鎖)、家庭学習の拡大などを含む宣言を2日にも発表するとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up