for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO、イタリアでのコロナ初感染時期について再検査

[ミラノ 1日 ロイター] - 新型コロナウイルスが2019年10月までに中国国外で循環していた可能性を示す研究に使われたサンプルが、世界保健機関(WHO)の要請で再び検査された。イタリアで研究論文を担当した2人の科学者が明らかにした。

6月1日、新型コロナウイルスが2019年10月までに中国国外で循環していた可能性を示す研究に使われたサンプルが、世界保健機関(WHO)の要請で再び検査されたことが、イタリアで研究論文を担当した2人の科学者の話で分かった。写真は2020年6月、ジュネーブのWHO本部で(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

新型コロナは19年12月に中国中部の武漢市で特定された。イタリアで最初の感染者は、20年2月21日にミラノ近くの小都市で確認された。

これに対し、昨年発表された研究によると、イタリアで19年に新型コロナか変異株の抗体が確認された。

研究を受け、中国の国営メディアは新型コロナの発祥地が中国でなかった可能性があると報じた。イタリアの研究者は、新型コロナが最初に発症した場所ではなく時期に疑問を投げかける研究結果であると主張した。

イタリアの国立がん研究所(INT)の科学部門のディレクターを務める共同執筆者のジョバンニ・アポロネ氏は「WHOが研究に使った生物材料を共有し、独立した研究所で再び検査をできるかと尋ねてきたため、許諾した」と述べた。

WHOの要請はこれまでに報じられていなかった。

WHOの報道官は「元の研究にかかわった研究者と連絡を取っている。さらなる検査のために提携研究所と協力した」と述べた。またWHOは研究を執筆した、または新型コロナ検査で陽性が出たと報告された19年に収集したサンプルに関する情報提供者全員に連絡を取ったと説明した。ただ、まだ結論は出ていないという。

アポロネ氏はロイターに対して「これまでに公表された研究は、どれも発祥地に疑問を投げ掛けるものではない」と語った。

研究論文の共同執筆者で、シエナ大学の公衆衛生教授のエマニュエル・モントモリ氏は、WHOが再検査する施設としてオランダのロッテルダムにあるエラスムス大学の研究所を選んだと明らかにした。エラスムス大学はコメントの要請に応じなかった。

モントモリ氏は「エラスムス大学はわれわれのサンプルを市販用検査機で再検査した。市販用はわれわれが考案し、検査した方法よりずっと反応が鈍い」と話した。アポロネ氏とモントモリ氏は、検査方法が違っても、2月下旬に報告された再検査の結果に満足していると話した。さらに、イタリアとオランダの研究者ら研究結果を公表するまでさらなるコメントを控えるとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up