for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米J&J、新型コロナワクチンの実用化は21年初に 政府とも連携

[30日 ロイター] - 米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)JNJ.Nは30日、新型コロナウイルスワクチンの有力候補を選定したとした上で、9月に臨床試験を開始すると発表した。当局の緊急使用許可を受けたうえで2021年初頭の実用化を目指す。

また、開発と並行してワクチンの生産能力を10億本以上まで引き上げるため、厚生省の生物医学先端研究開発局(BARDA)と共同で10億ドル出資すると表明した。J&Jの株価は30日の取引を8%高で終了した。

BARDAは、米バイオ医薬大手モデルナMRNA.Oともワクチン大量供給に向け準備を進めることで合意。このほかに少なくとも2社と大量生産を巡る連携について協議していると明らかにした。モデルナは今月、ワクチン候補のごく早期の臨床試験を開始している。

米政府は製薬各社に対し、治験でワクチン候補の有効性が確認される以前に大量生産できる体制を整えるよう促してきた。

BARDAは、J&Jの大量生産への準備に約4億2000万ドル出資すると公表。モデルナにも同様の支援を行うが、額は明らかにしなかった。

モデルナの株価は1.4%高で引けた。

BARDAのディレクターを務めるリック・ブライト氏はロイターに対し、5ー6株のワクチンの開発を支援し、うち2ー3株の有効性が確認できると良いと話した。

専門家はこれまで、安全で有効なワクチンが当局に承認されるまでには1年から1年半の時間を要する可能性があると予想してきた。

ブライト氏は「政府と製薬業界は前例のない形で協業している」と指摘。「可能な限り迅速に取り組み、米国や世界が必要な分だけ早期に生産できるようにする」のが狙いだとした。

モデルナについては、同社が規模を拡大して治験を集中的に行えるよう、BARDAが生産を引き継ぐ考えだとした。米食品医薬品局(FDA)の基準を満たす生産や商品包装などの工程の確立を急ぎたいと語った。

J&Jの最高科学責任者、ポール・ストフェルズ氏はロイターに対し、ワクチン候補が有効だと示される前から生産能力を引き上げる必要があると強調、2021年初頭の実用化目標に「間に合わせるための唯一の選択肢だからだ」と述べた。ワクチンの有効性を証明するデータを年内にそろえるのも目標だとした。

同氏は、同社のオランダ工場は最大3億本のワクチン生産が可能だが、「世界にとって十分な量では全くない」とした。そのうえで、欧州やアジアの他の生産拠点で、開発中のワクチンの生産が可能な場所がないかを探っていると述べた。

ストフェルズ氏は、新たな新型コロナワクチンは、既に広く使われているエボラ熱ワクチンと同じ技術がベースとなると説明し、安全性が証明されると見込んでいると語った。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up