for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CDC諮問委、J&Jワクチン接種再開巡り精査 23日夕に決定か

[23日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会は23日、血栓の事例が報告され接種が中断されているジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、副作用に関するデータを精査し、接種再開が安全かどうかを判断する。

CDCと米食品医薬品局(FDA)は先週、J&Jワクチンを接種した50歳以下の女性6人に血栓が生じる事例が報告されたことを受け、接種を一時中止するよう勧告し、調査を進めていた。

CDCのワレンスキー所長は、ワクチンのリスク対効果の分析を諮問委に用意したことを明らかにした。J&J以外のワクチン接種が可能でない場合、接種しないことを選択すべきかどうかについても諮問委で検討されるという。

分析によると、J&Jワクチン接種後に血栓の事例が報告されたのは年齢50歳以下の女性で13人と、ワクチン接種100万回に対し7件の確率。50歳以上の女性では2人と、同1件以下の確率。男性で血栓の事例はない。

また、深刻な血栓は脳だけでなく、体の他の部分にも発症したことが確認された。いずれも血小板の減少を伴うという。

CDCは22日、J&Jワクチン接種後に死亡したオレゴン州の女性と、入院したテキサス州の女性の2事例について調査を進めていると発表した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up