for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ抗体医薬併用療法の効果確認、イーライリリーとウィル

[29日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染症治療を巡り、米医薬品大手イーライリリーと米ウィル・バイオテクノロジーがそれぞれ開発した 抗体医薬を併用すると、低リスク患者のウイルス数が減少することが中期臨床試験(治験)で確認された。

治験の対象となったのはリリーの「バムラニビマブ」と、ウィルが英グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同開発した「VIR―7831」。併用した場合、プラセボ(偽薬)の投与を受けた患者と比べ、7日目のウイルス数が70%減少した。

併用療法による深刻な副反応は見られなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up