for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マレーシア、首都と5州でロックダウン実施 コロナ感染拡大受け

[クアラルンプール 11日 ロイター] - マレーシアのムヒディン首相は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、首都クアラルンプールおよび5州で14日間のロックダウン(都市封鎖)と全国的な移動禁止措置を実施すると発表した。

ロックダウンは13日深夜からで、あらゆる社会的活動が禁止される。州間の移動も全国で禁止される。

ムヒディン首相は、製造業や建設業、サービス業など5つの必須セクターは事業を継続することが可能だが、規模は縮小されると説明。スーパーマーケットや銀行、診療所などは閉鎖されないが、レストランはテークアウトのみ提供することができるという。

また、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンは2月末に接種が始まると述べた。

マレーシアでは1日当たりの新規感染者数が先週初めて3000人を超えた。11日時点の累計は13万8000人超。死者数は累計555人。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up