June 2, 2020 / 1:29 AM / a month ago

マリオットが中国の全ホテル再開、米国でも着実に回復とCEO

ホテルチェーン世界最大手マリオット・インターナショナルのアーン・ソレンソン最高経営責任者(CEO)は1日、同社は中国で全ホテルの営業を再開しており、最大の市場である米国でも着実な回復が見られると明らかにした。写真は2018年1月、浙江省杭州市で撮影(2020年 ロイター)

[1日 ロイター] - ホテルチェーン世界最大手マリオット・インターナショナル(MAR.O)のアーン・ソレンソン最高経営責任者(CEO)は1日、同社は中国で全ホテルの営業を再開しており、最大の市場である米国でも着実な回復が見られると明らかにした。

中国の客室稼働率はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大が始まった2月の7─8%から現在は40%になった、という。

同CEOはゴールドマン・サックス主催の会議で、「娯楽だけでなく出張が伸びている」と説明。米国でも営業を続けているホテルでは客室稼働率が20%の節目を超え、改善が続いていると述べた。

「米国で最も業績が堅調なホテルは、出張に依存しているところだ」という。

4月の北米のホテルにおける客室稼働率は12%前後。

ただ、ソレンソンCEOは、2019年時の世界の客室稼働率71%の水準に戻るには数年かかるとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below