for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米メルク、J&J製コロナワクチン製造を支援へ 国内2工場で

[2日 ロイター] - 米ホワイトハウス高官は2日、製薬大手メルクがジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と提携し、新型コロナウイルスワクチン製造を支援すると発表した。2日中に正式発表される見通し。

米紙ワシントン・ポストによると、メルクは米国内の2製造施設をJ&Jのワクチン製造に充てる計画。

メルクは1月に新型コロナワクチンの開発を打ち切った後、先月に入り、同社の製造能力を他社のワクチン製造に提供する方向で提携を模索しているとしていた。

米食品医薬品局(FDA)は先週2月27日、1回接種タイプのJ&J製ワクチンの緊急使用を承認。J&Jは週内に米国向けに400万回分の出荷を予定。しかし、3月末までに追加出荷を予定する1600万回分については、新たな製造施設に関する規制当局の認可に出荷時期が左右されるとしていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up