July 7, 2020 / 3:32 AM / a month ago

メキシコ、新型コロナ流行は来年4月まで続く可能性=保健次官

 メキシコ保健省のロペス・ガテル次官(写真)は6日、同国の新型コロナウイルス感染は来年4月まで続く可能性があるとともに、今年10月から冬のインフルエンザシーズンにかけて感染が増加するとの見通しを示した。5月メキシコ市で撮影(2020年 ロイター/Carlos Jasso)

[メキシコ市 6日 ロイター] - メキシコ保健省のロペス・ガテル次官は6日、同国の新型コロナウイルス感染は来年4月まで続く可能性があるとともに、今年10月から冬のインフルエンザシーズンにかけて感染が増加するとの見通しを示した。

同次官はこれまでにも危機のピーク時期予想を先送りし、死者と感染者数は報告より多い公算が大きいと発言している。

同国でこれまでに確認された感染者は26万1750人、死者は3万1119人で、ロイターの算出では世界で5番目の死者数となっている。

同次官はラジオ・フォルムラとのインタビューで、新型コロナ感染者数は冬まで高水準が続き、流行が春まで続く可能性があると警告。「10月にインフルエンザシーズンが始まる。また、秋から冬にかけてCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)も平行して流行する可能性を示す合理的な予想もある」と述べた。

流行期間については「来年3月か4月まで」続く可能性があると述べた。

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は、メキシコの死者数は10月までに8万8000人を突破するとの見通しを示している。

*カテゴリーを修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below