for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏保健相、ワクチン接種呼び掛け コロナ第4波を警戒

 7月4日、フランスのベラン保健相は、国内で新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が広がっており、7月末までに感染の第4波が起こる可能性があると指摘し、可能な限り多くの人がワクチンを接種すべきだと訴えた。写真はパリで5月撮影(2021年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 4日 ロイター] - フランスのベラン保健相は4日、国内で新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が広がっており、7月末までに感染の第4波が起こる可能性があると指摘し、可能な限り多くの人がワクチンを接種すべきだと訴えた。

ベラン氏はツイッターへの投稿で「この5日間、(感染率は)下がっておらず、再び上昇している。感染力の強いデルタ株が要因だ。英国の状況を踏まえると7月末から第4波が起こる可能性がある」と述べた。

「われわれは(ワクチン接種を)今よりも速いペースで進める必要がある。時間との戦いだ」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up