for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モデルナ製ワクチン追加接種を推奨、米FDA諮問委 高齢者ら対象

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は14日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、年齢65歳以上や重症化リスクの高い人、職業上感染リスクの高い人に対する追加接種(ブースター接種)を推奨するという見解を全会一致でまとめた。2月撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)

[14日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は14日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、年齢65歳以上や重症化リスクの高い人、職業上感染リスクの高い人に対する追加接種(ブースター接種)を推奨するという見解を全会一致でまとめた。

諮問委メンバーのピッツバーグ大学医学部のパトリック・ムーア教授は、モデルナの追加接種に関するデータについて「確固たる内容ではないものの、推奨できる方向に向かっていることは確かだ」と述べた。

諮問委による推奨のニュースを受け、モデルナの株価は約3%上昇した。

FDAが諮問委の見解に基づき承認すれば、米疾病対策センター(CDC)が追加接種の対象者に関する具体的な推奨を行う。CDCの諮問委は来週会合を開く。

米国ではこれまでに、高齢者ら向けにファイザー・ビオンテック製ワクチンの追加接種が承認されている。

FDA諮問委は15日に米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンの追加接種の推奨についても検討する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up