for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モデルナ製ワクチン追加接種、2回目から5カ月後に FDAが短縮

米食品医薬品局(FDA)は7日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について、2回目接種からの間隔を5カ月後と、従来の6カ月から短縮すると発表した。2021年2月撮影(2022年 ロイター/Mike Segar)

[7日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は7日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について、2回目接種からの間隔を5カ月後と、従来の6カ月から短縮すると発表した。急拡大するオミクロン変異株感染に対応する。

米国では6日時点の新規感染者が66万2000人と、高水準が続いている。

FDAと米疾病対策センター(CDC)は今週、ファイザー・ビオンテック製ワクチンの追加接種についても、接種間隔を6カ月から5カ月に短縮するよう奨励している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up