for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米モデルナ、7月にコロナワクチン最終治験開始 3万人対象

バイオ医薬大手の米モデルナは11日、開発を進めている新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、7月に3万人を対象とした治験を開始すると発表した。マサチューセッツ州ケンブリッジで5月撮影(2019年 ロイター/BRIAN SNYDER)

[シカゴ 11日 ロイター] - バイオ医薬大手の米モデルナMRNA.Oは11日、開発を進めている新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、7月に3万人を対象とした治験を開始すると発表した。これにより治験は最終段階に入る。

発表を受け、モデルナの株価は寄り付き前取引で6%上昇した。

モデルナは治験に用量100マイクログラムのワクチンを利用。この用量で、最大10億回接種できる規模の生産が2021年から可能になるとしている。生産にはスイスの製薬会社ロンザ・グループLONN.Sと提携する。

用量を100マイクログラムとしたことについて、免疫効果の最大化と有害反応の最小化に最適な水準と説明。治験参加者は1年間追跡する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up