for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドのタタ、米モデルナ製ワクチンの投入で協議=地元紙

 1月25日、インドのヘルスケア企業タタ・メディカル・アンド・ダイアグノスティクスは、米バイオ医薬品企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンをインドに投入するため、初期段階の協議を開始した。写真はモデルナのワクチン。米ミシシッピ州 で昨年12月撮影(2021年 ロイター/File Photo)

[25日 ロイター] - インドのヘルスケア企業タタ・メディカル・アンド・ダイアグノスティクスは、米バイオ医薬品企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンをインドに投入するため、初期段階の協議を開始した。

地元紙エコノミック・タイムズ紙が25日、複数の当局者の話として報じた。

タタはインド科学産業研究委員会(CSIR)と共同で、モデルナ製ワクチンの臨床試験をインド国内で実施する可能性があるという。

インド政府は今月、国内企業バーラト・バイオテック・インターナショナルとインド医療評議会が共同開発したワクチンと、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発し、国内のセラム・インスティチュート・オブ・インディアが製造するワクチンの緊急使用を承認した。

モデルナとタタ・メディカル・アンド・ダイアグノスティクスからのコメントは取れていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up