for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU当局、青少年のモデルナ製ワクチン接種を勧告

[23日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は23日、これまで18歳以上に接種が認められていた米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、12─17歳の青少年にも接種を認めるよう勧告した。今後、欧州委員会が正式に承認するかどうかの判断を下す。

3732人の被験者を対象に行った研究では、18─25歳と同等の抗体反応を確認。他の年齢層と同様、通常の副反応も見られたが、心筋炎などまれな副反応については、被験者数が少なかったこともあり、確認されなかったという。

接種については4週間の間隔を置いて2回の接種を行うことが妥当とした。

EUは5月、米ファイザー製ワクチンについて12─15歳への使用を承認。米国ではファイザー製ワクチンのみ、12歳以上の青少年への接種が認められている。

ファイザーやモデルナ製ワクチンを巡っては、若い男性の間で接種後、心筋炎を発症するケースが予想外に増えており、米疾病対策センター(CDC)などが引き続き検証作業を行っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up