for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オランダがコロナ封鎖一部解除、感染拡大でも「大きな一歩」

1月14日、オランダのルッテ首相は店舗や美容室、ジムの営業を再開すると発表した。デンボスの街で2021年12月撮影(2022年 ロイター/Piroschka van de Wouw)

[アムステルダム 14日 ロイター] - オランダのルッテ首相は14日、店舗や美容室、ジムの営業を再開すると発表した。新型コロナウイルス感染者が記録的水準に達している中、ロックダウン(都市封鎖)を一部解除した。

首相は会見で「われわれは大きな一歩を踏み出している。これは、大きなリスクを負うことも意味している」と述べた。

不要不急の店舗や美容室などの施設は昨年12月以来初めて、厳格な条件の下で現地時間午後5時までの営業が認められる。ただ首相は、まだ情勢が不透明なことから、バーとレストラン、文化施設は少なくとも1月25日まで閉鎖を継続すると付け加えた。

政府は12月半ば、デルタ株による感染の波で最も緊急性の高い治療以外の診療が全て停止され、オミクロン株の感染増で医療が逼迫すると予想される中、ロックダウンを指示。しかし、14日に発表された新規感染者は3万5000人超で過去最多を更新。11日までの週の感染者も過去最多の20万人超となった。

封鎖にもかかわらず感染者は増加し続けているが、入院者はやや減少している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up