for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米NY、ブルックリンで新型コロナの新たな集団感染

米ニューヨーク市の保健当局は22日、ブルックリン区で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生しているとして警戒感を示した。写真は新型コロナ対応が続くブルックリンの病院で待機する救急車。4月撮影。(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米ニューヨーク市の保健当局は22日、ブルックリン区で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生しているとして警戒感を示した。

保健当局の報道官は、記者への電子メールで8月初旬から先週にかけて4地域で感染者が急増していると説明した。

ニューヨーク市は今年春に新型コロナの世界的流行の中心地だったが、厳格な行動規制により、ウイルス検査の陽性率は1%以下まで下がっていた。

ただ、クイーンズ区では、キュー・ガーデン地区で陽性率が2.24%、エッジミア─ファー・ロッカウェイ地区で3.69%に上昇。ブルックリン区で陽性率は、ウィリアムズバーグ地区で2%、ミッドウッドなど南部地域では4.71%と高水準になっている。

報道官は「これらの数字はブルックリン南部でクラスターが発生していることを示している」と指摘し、「対策を講じなければより広範囲にわたる市中感染につながり、他の地域にも広がる恐れがある」と警戒感を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up