for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マードック会長が賞与辞退、ニューズの1ー3月は10億ドルの赤字

メディア王ルパート・マードック氏が率いるニューズ・コープが発表した第3・四半期(1-3月)決算は10億ドルの赤字となった。写真は2017年9月撮影。(2020年 ロイター/Mike Segar)

[8日 ロイター] - メディア王ルパート・マードック氏が率いるニューズ・コープNWSA.Oが発表した第3・四半期(1-3月)決算は10億ドルの赤字となった。

オーストラリアの有料テレビ子会社フォックステルなどに関連して11億ドルの評価損を計上したことや、新型コロナウイルスの感染拡大が響いた。

これを受け、マードック会長は年間の現金賞与の受け取りを辞退。ロバート・トムソン最高経営責任者(CEO)も年間現金賞与の75%の受け取りを辞退する。

同CEOは新型コロナ感染拡大の影響を抑制するため、すべての部門でコストを削減する方針を示した。

その上で「賞与など総合的なコスト削減によって利益率と現金収支にプラスの影響が出る」との見通しを示した。

収入は8%減の22億7000万ドル。豪ドル安やフォックステルの会員減少が響いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up