for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZの1日当たりコロナ感染者、今週2度目の過去最多記録

 10月21日、ニュージーランドで1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が今週2度目の過去最多を記録した。写真はドライブスルーのワクチン接種の様子。オークランドで16日撮影(2021年 ロイター/Simon Watts)

[21日 ロイター] - ニュージーランドで1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が今週2度目の過去最多を記録した。特に、デルタ型が最大都市オークランドで拡大し続けている。

この日確認された感染者は102人で、このうち94人がオークランドで見つかった。今回の感染の波における累計感染者は2260人。感染流行開始以来の累計死者数は28人、累計感染者は4956人と、多くの諸外国に比べてはるかに少ない。現在の入院者数は46人。

8月半ばのデルタ型拡大まで、ニュージーランドはおおむね感染を回避してきた。しかし、デルタ型がオークランドと周辺地域で拡大したため同地域で厳格な規制が敷かれ、今週も延長された。オークランドは、2カ月以上にわたって感染拡大抑制のためのロックダウン(都市封鎖)が行われている。

当局は、ワクチン接種がさらに加速するまでは感染者が増加する公算が大きいと警告、速やかな接種を呼び掛けている。

ロバートソン副首相は21日の会見で、「重要な点は、ワクチンがあなたと家族、社会を安全にする鍵になるということだ。わが国は、おそらく他国に比べて高いワクチン接種率を持って感染流行と闘っている。強い立場にはあるが、ワクチン接種のさらなる進展が必要だ」と述べた。

同国のワクチン完全接種率は約68%、少なくとも1回の接種を受けた人の割合は86%。

政府は感染ゼロからコロナとの共存に政策を転換。一部地域の中学校で高学年の生徒が26日から対面授業に戻ると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up