March 9, 2020 / 5:07 AM / a month ago

非伝統的金融政策、現時点で選択肢にない=NZ財務相

[ウェリントン 9日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のロバートソン財務相は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた企業の支援計画を発表した際に、現時点で非伝統的金融政策を講じることは選択肢として挙がっていないと述べた。記者会見で明らかにした。

ニュージーランドのロバートソン財務相は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた企業の支援計画を発表した際に、現時点で非伝統的金融政策を講じることは選択肢として挙がっていないと述べた。写真は昨年5月撮影。(2020年 ロイター/Charlotte Greenfield)

一方、減税措置は選択肢として検討されていると述べた。

NZ準備銀行(中央銀行)のオア総裁は10日、非伝統的金融政策のツールについてスピーチを行う。このスピーチでは、現在の経済状況や中銀の政策金利見通しへの言及はないとみられている。

ロバートソン氏は、オア総裁とこのスピーチについて話したとし、どのような選択肢があるかについて明確にすることが必要だと述べた。

同氏は「非伝統的措置は現時点で選択肢の中にないが、もし講じるとしたら、政府との協議が行われる」とし、「財政政策と金融政策が接近する状況になる」と語った。

NZ中銀の次回の政策金利決定は3月25日。

ここ数週間に、米連邦準備理事会(FRB)やカナダ中銀などが新型ウイルス感染拡大を受けた経済への懸念から利下げに踏み切っている。

新型ウイルスの発生源である中国はニュージーランドにとって最大の貿易相手国で、NZ企業も打撃を受けている。

ロバートソン氏はこの日の閣議で、企業の事業継続のための対策を策定することが承認されたとし、対策には的を絞った賃金助成制度や、新型ウイルスの影響を受けている企業への運転資金支援などが含まれると説明した。また、税制の選択肢も検討しているという。

NZ中銀はこの日、これとは別に、国内銀行は新型コロナウイルスの感染拡大による影響に対応する準備ができていると表明した。[nT9N28N020]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below