July 7, 2020 / 1:48 PM / a month ago

米、コロナワクチン開発でノババックスに16億ドル提供

新型コロナウイルスワクチンを巡り、米政府がバイオ医薬のノババックスに対して16億ドルの資金を提供することになった。写真はタイ・サラブリー県の大学でワクチン開発に当たる研究者。6月撮影(2020年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

[シカゴ 7日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンを巡り、米政府がバイオ医薬のノババックス(NVAX.O)に対して16億ドルの資金を提供することになった。ワクチンの臨床試験(治験)や実用化、製造を支援するもので、来年1月までに1億人分のワクチン供給を目指す。

今回の支援は、3月のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)(4億5600万ドル)、4月のモデルナ(MRNA.O)(4億8600万ドル)、5月の英アストラゼネカ(AZN.L)とオックスフォード大(最大12億ドル)などに続くもので、コロナワクチン開発に向けた「ワープ・スピード作戦」の下で最大規模となる。

ノババックのワクチンは免疫反応の効果を高めるアジュバントを併用しており、5月下旬に初期の治験を開始。アーク最高経営責任者(CEO)はあと1週間ほどで結果が出そろうとした上で、8月か9月に中期治験を行い、10月にも後期治験を始めたいとした。

アザー厚生長官は声明で、ワープ・スピード作戦にノババックスのワクチン候補が加わったことにより「早ければ年末にも安全で効果的なワクチンを確保できる可能性が高まった」と述べた。

ジェフリーズのアナリストは、治験の結果次第では今回の支援がノババックスに相当な追い風になると指摘した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below