for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州医薬品庁、ノババックスにワクチン副反応の警告表示を勧告

 8月3日、EUの欧州医薬品庁は、バイオ医薬品会社・ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、副反応として心筋炎と心膜炎が起きる可能性に関し警告を表示するよう勧告したと明らかにした。写真はイメージ。2021年12月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 3日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は3日、バイオ医薬品会社・ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、副反応として心筋炎と心膜炎が起きる可能性に関し警告を表示するよう勧告したと明らかにした。

少数の事例が報告されていることを踏まえた。

ノババックスはワクチンの臨床試験で心筋炎・心膜炎が起きるリスクは提起されなかったとし、さらにデータを集める意向を示した。また、心筋炎は一般的にウイルス感染によって起きるとした。

その上で、関係当局と協力し、ワクチンの製品情報が今後入手するデータの共通解釈と整合的になるよう図るとした。

米食品医薬品局(FDA)は今年6月にノババックスのコロナワクチンについて、接種した人が心筋炎を発症するリスクがあると懸念を示している。

コロナワクチンのうち、米モデルナや米ファイザー・独ビオンテック連合が手がけるメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンでは、既にごくまれに心筋炎が発生するケースが報告されている。大半は若い男性で、影響を受けた人の大多数は完全に回復している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up