June 10, 2020 / 10:50 AM / a month ago

ドイツの銀行、企業倒産増に備え資本整備進める必要=OECD

[ベルリン 10日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のシニアエコノミストは10日、ドイツの国内銀行について、新型コロナウイルスの流行で企業の倒産が相次いだ場合に備え、資本が不足しないよう準備を進める必要があるとの認識を示した。

シニアエコノミストのIsabell Koske氏はインタビューで「ドイツの企業部門は銀行融資を通じて大量の資金を調達している」と指摘。

「したがって、倒産が相次いだ場合、銀行は資金が返済されないリスクが高まる」とし、ドイツの銀行は総じて収益率が相対的に低く、資本基盤が弱いとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below