for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

陸上=ファラー、東京五輪開催を確信 「ワクチン接種拡大を」

五輪で4つの金メダルを獲得した陸上男子のモハメド・ファラー(英国)は26日、東京五輪開催の見通しについて、一人でも多くの人が新型コロナウイルスワクチンを接種すれば予定通り開催される可能性も高まるという考えを示した。ブリュッセルで昨年9月撮影(2021年 ロイター/FRANCOIS LENOIR)

[26日 ロイター] - 五輪で4つの金メダルを獲得した陸上男子のモハメド・ファラー(37、英国)は26日、東京五輪開催の見通しについて、一人でも多くの人が新型コロナウイルスワクチンを接種すれば予定通り開催される可能性も高まるという考えを示した。

ラジオ局とのインタビューで「選手の大半は五輪に参加したいと思う。大切なのは安全の確保だ」とした上で、「これまでわれわれに伝えられていることは、基本的に誰でもコロナワクチンの接種を受けられる見通しで、その後は感染拡大のリスクが低下するということだ」と語った。

発言の中で、ワクチン接種の対象が選手なのか、それとも一般観客を指しているのかは不明。

英オリンピック委員会の担当者は「ワクチン接種に関してはどの選手にも伝えておらず、プログラムの展開を巡る理解が一層明確になるまで様子を見る」とした上で、「これまでもはっきり述べているように、現時点では弱い立場にある人や高齢者、最前線で働く従事者(へのワクチン接種)が最優先だ」とした。

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏も25日、医療従事者らへのワクチン接種が最優先という認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up