for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英アストラゼネカのコロナワクチン、高齢者に効果 年内に臨床結果

[ロンドン 19日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスのワクチン候補「AZD1222」が、高齢者に強い免疫効果をもたらすことがわかった。研究者らは12月末までに第3相臨床試験の結果が判明するとしている。

この結果の一部は先月報じられていたが、論文の全文が19日付の医学誌「ランセット」に掲載された。

それによると、高い重症化および死亡リスクを抱える70歳以上の被験者に強い免疫形成がみられたという。

オックスフォードのワクチン開発チームの幹部はこの結果に勇気づけられたとし、「このワクチンが最も抵抗力の弱い人々を守ることに寄与することを期待する。ただ、確信を持つにはさらに研究が必要だ」と述べた。

このワクチンが基礎疾患を持つ患者を含め幅広く有効かを調べる第3相臨床試験はすでに進行中で、別の幹部によると、結果はクリスマスまでに判明するという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up