for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルーが首都など中部に封鎖指示、コロナ第2波で医療崩壊寸前

 1月26日 ペルーのフランシスコ・サガスティ大統領は、首都と中部9地域に完全なロックダウン(都市封鎖)を指示した。新型コロナウイルス感染が大幅に増加し、医療崩壊寸前の状況が生じているためで、少なくとも2月14日まで継続するとした。写真は1月7日、リマで撮影(2021年 ロイター/Sebastian Castaneda)

[リマ 26日 ロイター] - ペルーのフランシスコ・サガスティ大統領は26日夜、首都と中部9地域に完全なロックダウン(都市封鎖)を指示した。新型コロナウイルス感染が大幅に増加し、医療崩壊寸前の状況が生じているためで、少なくとも2月14日まで継続するとした。

在宅勤務と不要不急の全店舗閉鎖、国内の地域間の陸路・空路での移動禁止のほか、感染力の強い変異種の流入抑制に向け欧州やブラジルからの航空機乗り入れ禁止を継続する。

26日に確認された感染者は4444人、累計は110万7239人、死者は4万0107人となった。ロイターのデータによると、ペルーの感染者数は昨年8月22日に記録したピークの9000人超と比較すると、57%の水準にある。

サガスティ大統領は、ワクチンは危機の突破口とし、自身もいち早く接種を受けると表明した。

また、中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術(CNBG)が開発したワクチン3800万回分を発注しており、このうち第1便の100万回分が「数日中に」到着予定と説明。2月に接種に入る準備を整えると述べた。

ペルーはこのほか、英アストラゼネカのワクチン1400万回分の調達を契約しているとともに、規制当局はロシアの国立ガマレヤ研究所と米ファイザーのワクチンの緊急使用承認を検討している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up