for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザーとビオンテック、ワクチン被験者を4.4万人に拡大へ

9月12日、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬品ビオンテックは、米食品医薬品局(FDA)に新型コロナウイルスワクチン候補の後期(フェーズ3)臨床試験の被験者数を約4万4000人に増やすことを申し出た。写真はファイザーのロゴ。マンハッタンで2016年8月撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[12日 ロイター] - 米製薬大手ファイザーPFE.Nとドイツのバイオ医薬品ビオンテック22UAy.Fは12日、米食品医薬品局(FDA)に新型コロナウイルスワクチン候補の後期(フェーズ3)臨床試験の被験者数を約4万4000人に増やすことを申し出た。多様性を高めることが目的。

当初の被験者は最大3万人を目指しており、両社によると、この目標は今週達成できる見通し。

両社は、被験者拡大で16歳からの若年層、慢性あるいは症状の安定しているエイズウイルス(HIV)患者、C型およびB型肝炎患者 などを治験対象者に含めたいと考えている。

試験が成功すれば、規制当局への承認を早ければ10月に申請し、年末までに最大1億回分、来年末までに13億回分を供給する計画。

両社は共同声明で「現在の感染率に基づくと、ワクチンの効果についての最終的な治験結果は10月末までに入手できる」との見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up