for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州当局、ファイザーのコロナ経口薬を条件付きで承認

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は27日、米ファイザーが開発する新型コロナウイルス感染症の経口薬「パクスロビド」を条件付きで承認した。2021年2月撮影(2022年 ロイター/Matthew Childs)

[27日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は27日、米ファイザーが開発する新型コロナウイルス感染症の経口薬「パクスロビド」を条件付きで承認した。重症化リスクのある成人の治療に使用する。

この後、欧州委員会の承認を経てEU加盟国での使用が可能になる。イタリア、ドイツ、ベルギーが同薬を購入している。

米メルクの経口薬についても審査中だが、メルクが昨年11月に試験データを修正したため承認に時間がかかっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up