for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・ビオンテック、コロナとインフルの混合ワクチン試験開始

米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックは3日、新型コロナウイルスとインフルエンザの混合ワクチンで初期臨床試験を始めたと発表した。写真は2021年5月撮影(2022年 ロイター)

[3日 ロイター] - 米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックは3日、新型コロナウイルスとインフルエンザの混合ワクチンで初期臨床試験を始めたと発表した。今週に第1陣のワクチン投与を実施したという。

試験対象はファイザーのメッセンジャーRNA技術を使ったインフルワクチンと両社が共同開発した新型コロナのオミクロン株対応追加接種用ワクチンの混合版。ビオンテックが試験を担い、米国で18歳から64歳までの計180人への試験を目指している。

新型コロナとインフルの混合ワクチンではライバルの米モデルナやノババックスも開発に取りかかっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up