for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン、首都圏などの新型コロナ予防のための移動制限を延長

 9月28日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、新型コロナウイルス感染予防のためにマニラ首都圏とその周辺州に敷いた部分的な外出・移動制限措置について、1カ月延長して10月31日まで実施すると発表した。写真は人気のないマニラのレストラン。22日撮影(2020年 ロイター/Eloisa Lopez)

[マニラ 28日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、新型コロナウイルス感染予防のためにマニラ首都圏とその周辺州に敷いた部分的な外出・移動制限措置について、1カ月延長して10月31日まで実施すると発表した。

28日の新規感染者は3073人、死者は37人だった。国内の感染者は累計30万7288人に達し、東南アジアで最多。死者は5381人となった。

政府のコロナ対策作業部会は、経済活動の再開を望んでいるものの、警戒を緩めることはできないと強調した。

大統領はまた、10月5日からのオンライン形式での公立学校の授業再開を円滑に進められるよう国内の主要通信会社に求めた。各社は準備を進めているが、アクセスやデータスピードなどの問題が浮上している。

大統領は7月に新型コロナのワクチンを確保するまで、対面式の授業は再開しない方針を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up