for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン、ワクチン未接種者が外出すれば逮捕の恐れ=大統領

フィリピンのドゥテルテ大統領(写真)は6日、新型コロナウイルスワクチン未接種者が自宅待機命令に従わない場合には逮捕されると述べた。2021年2月撮影(2022年 ロイター/Eloisa Lopez)

[マニラ 6日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は6日、新型コロナウイルスワクチン未接種者が自宅待機命令に従わない場合には逮捕されると述べた。

国民向けのテレビ演説で、地域社会のリーダーに対し、ワクチン未接種者を探し出し、自宅待機命令に従わせるよう要請すると表明。未接種者が自宅待機命令を無視して外出すれば逮捕されるとした。

保険当局によると、フィリピンの1日当たりの新規感染者数は6日時点で1万7220人と9月26日以来の高水準。これにはオミクロン変異株による感染も含まれるという。

昨年末時点のワクチン接種完了者は約4980万人。人口1億1000万人の45%に当たる。既存の規則の下では、首都マニラ地域の未接種者は必要な外出のみ認められている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up