for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン、国内初のデルタ株感染を確認

[マニラ 16日 ロイター] - フィリピン保健省は16日、新型コロナウイルスの感染力の強い変異株(デルタ株)の国内初の感染例が報告され、1人が死亡したと発表した。

保健省高官は会見で、デルタ株に感染した16人中11人が国内で感染した可能性があると説明。6月28日にマニラの病院に緊急搬送された1人が死亡したという。

陽性反応が出た5人はアラブ首長国連邦、カタール、英国からの帰国者だった。

当局は、デルタ株の感染拡大を阻止しようとしている。デルタ株はインドで最初に検出され、タイ、マレーシア、インドネシアなどの近隣諸国にも広がり、感染者が急増している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up