July 7, 2020 / 12:52 AM / a month ago

ソフトバンクG出資の新興4社、米中小企業支援策で融資対象に

[オークランド(米カリフォルニア州) 6日 ロイター] - 米財務省が6日公表したリストによると、ソフトバンクグループ(9984.T)のビジョン・ファンドが出資する技術系スタートアップ4社が新型コロナウイルス感染拡大で経済的打撃を受けた中小企業を支援する「給与保護プログラム(PPP)」に申請し、融資が承認された企業に含まれていた。

カーシェアリングの米ゲットアラウンドには、PPPで500万─1000万ドルの融資が承認された。同社は2018年にビジョン・ファンド主導の資金調達ラウンドで3億ドル調達した。

人工知能(AI)搭載型通信ドライブレコーダーなどを手掛ける米ナウトは200万─500万ドルの融資が承認された。同社は2017年7月のビジョン・ファンド主導の資金調達ラウンドで約1億5000万ドルを調達している。

クラウド技術の米クラウドマインズ・テクノロジーは100万─200万ドルの融資が承認された。同社は2019年5月、ビジョン・ファンドなどが参加した資金調達ラウンドで1億8600万ドルを調達した。

スイスに本社のあるエネルギー技術企業エナジー・ボールトは15万─30万ドルの融資が承認された。同社は2019年8月にビジョン・ファンドから1億1000万ドルの出資を受けた。

ゲットアラウンドは、新型コロナ対策のロックダウンで事業は「大きな打撃を受けた」とし、今回の政府融資によって会社組織の健全性が深刻な打撃を受ける事態を免れたと説明。他の企業はコメント要請に応じなかった。

ビジョン・ファンドに近い人物によると、同ファンドは出資先のうち、キャッシュポジションが十分な企業、あるいは民間からの資本調達が可能な企業に対しては、政府融資を受けないよう助言していたという。

ビジョン・ファンドの出資先は91社に上る。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below