June 25, 2020 / 1:29 AM / 15 days ago

豪カンタス航空、コロナ危機対応で6000人削減・13億ドル調達へ

 6月25日、オーストラリアのカンタス航空は、新型コロナウイルス危機への対応の一環で、全従業員の少なくとも20%に相当する6000人を削減し、最大19億豪ドル(13億米ドル)を調達する計画を発表した。シドニーで3月18日撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 25日 ロイター] - オーストラリアのカンタス航空(QAN.AX)は25日、新型コロナウイルス危機への対応の一環で、全従業員の少なくとも20%に相当する6000人を削減し、最大19億豪ドル(13億米ドル)を調達する計画を発表した。

また、航空機100機を最長12カ月駐機させ、一部の機体はさらに長期間駐機させるほか、ボーイング747型機の退役を半年早め、すぐに引退させると発表した。

ジョイス最高経営責任者(CEO)は声明で、3カ年計画の詳細を発表。実施コストは10億豪ドルという。

CEOは「当社は今後、売り上げが激減する数年間に備える必要がある」とし、「短期的に規模をかなり縮小することになる」と説明した。

豪政府が今月、入国制限を2021年になるまで続ける可能性が高いとの見方を示したことを受け、カンタス航空は大半の国際線を10月下旬まで欠航することを決定した。

同社は、削減する6000人とは別に、国際線に従事するスタッフを中心に1万5000人を引き続き一時帰休とすると発表。

また、運航再開時期がかなり不透明なことを踏まえ、エアバスA380型機12機などに関連し、最大14億豪ドルの減損費用を計上するとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below