for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

デンマーク調査、コロナ再感染率は半年後0.65% 高齢者にリスク

 3月17日に発表されたデンマークの新型コロナウイルス再感染調査で、感染経験者の大半が少なくとも半年間、再感染から守られることが示された。ただ、年齢が高い人は、より若い人に比べて再感染の傾向が高い結果も出た。 写真はマレーシアのスバン・ジャヤで検査を行う医療関係者。12日撮影(2021年 ロイター/Lim Huey Teng)

[ロンドン 17日 ロイター] - 17日発表されたデンマークの新型コロナウイルス再感染調査で、感染経験者の大半が少なくとも半年間、再感染から守られることが示された。ただ、年齢が高い人は、より若い人に比べて再感染の傾向が高い結果も出た。

研究は医学誌「ランセット」に掲載された。昨年にデンマークの人口の69%に当たる約400万人に実施されたウイルス検査を分析。同国の感染第1波ないし第2波での陽性者のうち、その後に再陽性になった人は0.65%にとどまった。ただ年齢で見ると、65歳未満では80%が再陽性にはならなかったが、65歳以上ではこの割合が47%に低下した。

デンマークのスタテンズ・セラム研究所の研究者は、高齢者は重症化しやすく死亡リスクも高いことから、今回の結果は高齢者を守る政策がいかに重要かを明確に示すと指摘。また、研究では半年を超えると再感染しやすくなるという科学的証拠は得られなかったという。再感染が変異ウイルスに対してはどうかを評価するには、さらなる研究が必要だとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up