March 17, 2020 / 10:44 PM / 3 months ago

NY連銀、レポオペで連日1兆ドル供給へ

 3月17日、米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担うニューヨーク連銀は国債などを担保に翌日物の資金を供給するレポオペについて、この日から今週いっぱいは毎日最大1兆ドルを供給すると発表した。NY連銀で2019年10月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担うニューヨーク連銀は17日、国債などを担保に翌日物の資金を供給するレポオペについて、この日から今週いっぱいは毎日最大1兆ドルを供給すると発表した。

午前に最大5000億ドルを供給し、午後に追加で5000億ドルを供給するとした。

FRBは新型コロナウイルス感染拡大を受け、市場の混乱を沈静化するための措置を相次ぎ打ち出している。FRBは17日、クレジット市場の緊張緩和に向け、2008年の金融危機時に導入したコマーシャルペーパー・ファンディング・ファシリティー(CPFF)を再び導入すると発表。[ID:nL4N2BA4KX]

15日には、緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて政策金利をゼロ付近に引き下げたほか、今後数週間に米国債やモーゲージ担保証券(MBS)を追加購入し、バランスシートを少なくとも7000億ドル拡大すると発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below