for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア、新型コロナの追加の制限措置必要ー首相=地元紙

 12月15日、イタリアのコンテ首相は、新型コロナウイルスの壊滅的な感染第3波を回避するため、休暇シーズン中に新たな制限措置を導入する必要があるとの見解を示した。写真は14日のローマの様子(2020年 ロイター/Yara Nardi)

[ローマ 15日 ロイター] - イタリアのコンテ首相は、新型コロナウイルスの壊滅的な感染第3波を回避するため、休暇シーズン中に新たな制限措置を導入する必要があるとの見解を示した。

首相は15日付の地元紙ラスタンパとのインタビューで「新たな制限措置が必要だ。何としても第3波を回避する必要がある。第3波が起きれば、死者数という点でも、壊滅的なものとなる」と述べた。

イタリア政府はクリスマスから年始にかけて、新型コロナウイルス感染抑制に向けた全国的な制限措置の強化を検討している。ローマやミラノなどの主要都市で週末に多くの人出が見られ、新型コロナ感染急拡大への懸念が強まったことが背景にある。

イタリアの死者数は6万5000人を超え、欧州で最多となっている。

コンテ首相は、ワクチン接種キャンペーンでは「免疫効果を高める」ため1000万ー1500万人にワクチンを接種する必要があると発言。この目標を春の終わり、遅くとも夏前に達成する方針を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up