July 28, 2020 / 10:21 PM / 12 days ago

ロシア国立機関、2番目のコロナワクチン候補の臨床試験開始

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターが新型コロナウイルスの2番目のワクチン候補の臨床試験を開始し、27日に最初の協力被験者5人に接種した。ロシア通信(RIA)が28日伝えた。

RIAによると、被験者の健康状態に問題はない。次回は30日に第2弾の接種が行われるという。

政府の臨床試験登録データからは、同センターが当初エボラ出血熱用に開発されたプラットフォームを利用したペプチド・ワクチンを試していることが分かる。今後、試験対象を18歳から60歳までの最大100人まで拡大する予定だ。

世界保健機関(WHO)のデータによると、同センターは現在、6種類の新型コロナワクチン候補の開発を進めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below