for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアのコロナワクチンに92%の予防効果、英医学誌に掲載

ロシアの新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に約92%の予防効果が認められたという後期臨床試験(治験)結果が、英医学誌ランセットに掲載された。モスクワで1月撮影(2021年 ロイター/SHAMIL ZHUMATOV)

[2日 ロイター] - ロシアの新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に約92%の予防効果が認められたという後期臨床試験(治験)結果が、英医学誌ランセットに掲載された。

治験は国立ガマレヤ研究所が中心となって実施し、1万9866人の被験者が参加。21日の間隔で2回投与した場合の有効率は91.6%に上ったほか、60歳以上の被験者2144人に対する有効率も91.8%に達し、重篤な副作用などは見られなかった。被験者のうち4人が死亡したものの、いずれもワクチン投与とは無関係とした。

ロシア直接投資基金(RDIF)のドミトリエフ総裁は、コロナ変異種に対する治験も行われており、初期段階の結果は良好とした。

英レディング大学のイアン・ジョーンズ教授とロンドン大学衛生熱帯医学大学院のポリー・ロイ教授は、「スプートニクVを巡ってはこれまで、開発が性急かつ手抜きで透明性に欠けると批判されてきたが、今回の結果は明確で、ワクチン接種の科学的原則が実証されている」と指摘。「コロナを予防する新たなワクチンが生まれた」と評価した。ただし、両教授とも治験には関与していない。

スプートニクVは現在、アルゼンチンやハンガリー、アラブ首長国連邦(UAE)など15カ国が承認している。ドミトリエフ総裁は、来週中に承認国が25カ国に拡大すると予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up