for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

南ア、外出禁止令を解除 オミクロン株感染拡大ピーク過ぎる

南アフリカは30日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の拡散による感染拡大第4波はピークを過ぎたとして、深夜から午前4時までの外出禁止令を解除した。写真はPCR検査を受ける人々。11月26日、ヨハネスブルクで撮影(2021年 ロイター/Sumaya Hisham)

[ケープタウン 30日 ロイター] - 南アフリカは30日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の拡散による感染拡大第4波はピークを過ぎたとして、深夜から午前4時までの外出禁止令を解除した。内閣が声明で明らかにした。

ただ集会の人数は屋内が1000人まで、屋外が2000人までに制限される。

内閣は「オミクロン株の感染力は極めて高いが、これまでの感染拡大の波と比べると入院率は低い。このことは定期的なヘルスケアも含め、医療機関に対応する余地があることを示している」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up