for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

南ア、英の航空機乗り入れ禁止は「早急」 新たな変異株巡り

[ヨハネスブルク 26日 ロイター] - 南アフリカ政府は26日、同国で新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたことを受け、英国が南アなど6カ国からの航空便乗り入れを禁止したことについて、世界保健機関(WHO)も対策の勧告を出しておらず「早急すぎる」と指摘した。

英保健当局によると、新たな変異株「B.1.1.529」はオリジナルのコロナウイルスとは劇的に異なるスパイクタンパク質を持ち、ワクチンの効果が低い可能性があるという。

また、英政府は26日から南アと隣接するナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、レソト、エスワティニの計6カ国からの航空機乗り入れを一時的に禁止し、これらの国から帰国した英国人に隔離を義務付けると発表した。

これに対し、南アのパンドール外相は声明で、「われわれの当面の懸念は、この決定が両国の観光産業とビジネスの両方に与えるダメージだ」と指摘。外務省は英国に再考を促す意向を示した。

また、南アは新たな変異株について議論するため、WHOのウイルス進化に関する作業部会に緊急会合を求めている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up