for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米J&Jワクチン、追加接種の入院予防効果は84%=南ア研究

30日に公表された研究結果によると、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンのブースター接種(追加接種)は、南アフリカで医療従事者の入院を84%予防する効果があった。(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ケープタウン 30日 ロイター] - 30日に公表された研究結果によると、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンのブースター接種(追加接種)は、南アフリカで医療従事者の入院を84%予防する効果があった。

新型コロナのオミクロン変異株感染が広がっていた11月15日から12月20日にかけて6万9092人の医療従事者にJ&Jワクチンのブースター接種を行った。接種直後は入院予防効果が63%だったが、14日後に84%に達した。1─2カ月後は85%だった。論文は査読を受けていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up